仕事と先輩の声

社員インタビュー 諫山

現在、どのようなお仕事をされていますか?

ITサービスの品質向上を図る企業向けサービスデスクパッケージの構築を担当しています。
担当企業の情報システム担当者と毎週打合せを行い、どうすればお客様の業務品質が向上するか徹底的に検討します。様々な企業の業務内容に柔軟に対応するよう、ご要望によって追加機能を開発することもあります。 また、製品提案時から営業活動に同行したり、プロジェクト完了後もサポートに訪問したりと、長期に渡ってお客様に寄り添ったお付き合いをできる仕事です。

実際に仕事をしてみて、働く前に抱いていたイメージと異なっていた部分はありますか?

学生時代は、"システムエンジニア"といえばPCに向かってコーディングをしている姿だけをイメージしていました。 しかし実際のシステムエンジニアとは、多彩なメンバーの長所を結集させてひとつのシステムを作り上げる職業であると日々感じます。 また、日頃からお客様やパートナー企業など社外の方と協力して業務に取り組みますので、ひとつの環境に閉じこもらず広い視野を持てることも良い意味で意外な点でした。

仕事に慣れるまでに苦労した点や、先輩社員から受けた指導などで、思い出深いものはありますか?

全くの未経験ということもあり、日々飛び交うIT知識に追い付くことには苦労しました。入社1年目に配属された現場で、共用の試験サーバーに日付の誤ったプログラムをインストールしてしまい、プロジェクトルームが騒然とした時は文字通り冷や汗が出ました。先輩方が冷静に原因を突き止めて対策を教えてくれたため間もなく事態は収拾しましたが、たった1回のクリックに対する責任を体感しました。
技術系・ヒューマン系問わず研修制度は充実していますが、配属変更のたびの自己学習は欠かせないものです。

「これは嬉しかった!」「やりがいを感じた」というエピソードはありますか?

現在は初めての長期プロジェクト(約2年間)を担当しています。
規模の大きいプロジェクトは課題も多く苦労をすることもありますが、諦めずにチームで額を集めて解決策を導き出しています。そんな中、お客様から"元木さんがとても頼りになっています。続きのプロジェクトも元木さんにお願いしたい"とお言葉をいただけたときはとても嬉しかったです。
カウンターとしてチームメンバの思いを背負ってお客様と対面する仕事ですので責任も重大ですが、真摯に取り組んだ結果を評価していただけたことは非常にやりがいに感じました。

入社後、自信がついたスキルや、今後伸ばしていきたいと感じるスキルはありますか?

◆客観性
スケジュールと予算を決定した上でプロジェクトを進めますので、いかに計画的に責務を遂行するかが重要となってきます。目についた作業から闇雲に取りかかるのではなく、全体を見通して大きな課題を小さなタスクに切り分ける必要があります。そういった活動を通して、落ち着いて整理・分析を行う客観性が身に付きました。

◆折衝力
大学では教育学を専攻し、人間の動因特性について研究してきました。この知識を礎に更に交渉力・折衝力を伸ばし、将来は要件定義より上流工程であるコンサルティングも担当したいです。

現在の仕事には、どんな性格の方がピッタリだと思いますか?

「人が好き」な方だと思います。
人前に出る仕事だからといって、必ずしも明るくて喋り上手である必要はないと思います。大切なのは、周囲をよく観察してお客様やチームメンバの思いを慮ること。また、そこから全てのステークホルダーが満足するシナリオを想像し組み立てることです。
システムは決して一人で作れるものではなく、チームワークを発揮して初めて完成・提供するプロダクトだと感じています。

就職をお考えの方へのメッセージ

面接試験は場数が重要です。苦手意識のある方は、どんな場でも良いので人前で話す機会を作るといいと思います。(私もとっても面接が苦手でした…)
また、できるだけ多くの社会人に会うことをおすすめします。就職活動では学生の立場から意見を発信することも大切ですが、「こうなりたい!」と思える社会人と出会うことで、やりたいこと・目標を設定しやすいと思います。

その他の先輩インタビュー

  • 先輩社員 竹田の声を見る
  • 先輩社員 森田の声を見る
  • 先輩社員 渡邊の声を見る
  • 先輩社員 梅澤の声を見る
  • 先輩社員 小林の声を見る
  • 先輩社員 野坂の声を見る
  • 先輩社員 辻の声を見る
  • 先輩社員 鈴木の声を見る
  • 先輩社員 諫山の声を見る
  • 先輩社員 山田の声を見る
  • 先輩社員 二村の声を見る
  • 先輩社員 中澤の声を見る