研修制度

人財育成

TOKAIグループでは、社員を大切にすることをモットーとしており、人材の「材」は財産の「財」を用いて表現します。

研修の紹介

「人を重視する経営」を標榜し、人財の育成の継続的な取り組みをしています。
グループ会社、事業、職能、地域を横断して、集合教育にて実施しています。集まることで、社員間接触、経験・情報の交換の場にもなり、一つのグループであるという連帯感を醸成しています。

1新人研修

新入社員には、社会人として働くうえで必要となる基礎力を身に付けてもらうよう、充実した教育体系を用意しています。

入社前教育

内定者セミナーや会社見学等を通じ、仕事に向き合う心構えや、初歩的なビジネス・スキルを学んで頂いております。

新人集合教育

集団での宿泊研修を通じ、チームとして仕事に取り組む協調性を養います。また、社会人としての基礎知識・ビジネスマナーの確認及びITに関する基礎知識の習得・確認を主眼に置き、新人集合教育を行っています。

部署別専門技術教育

配属先の部署ごとに以下の教育を行っています。

営業 商品知識の勉強や、先輩社員との営業同行により、必要な知識を身に付けてもらいます。
ITプロフェッショナル 必要なITの専門技術を、当社ITプロフェッショナルの指導の下、身に付けてもらいます。

2階層別グループ人財育成研修

自己能力開発、モチベーション向上を目的とした、社員に求める価値を共有化したヒューマンスキルの研修を各階層別に用意しています。

若手社員研修

入社してからの仕事について振り返り、仕事に取り組む姿勢や周囲からの期待について考える機会となる研修を用意しています。

中堅社員研修

自分自身のモチベーション管理や論理的な思考による判断・分析力を養うための研修を用意しています

管理者研修

管理者の最大の役割は「業績を上げる」「部下を育成する」の2つがあります。この2つの役割を如何に実現していくかが管理者の能力とも言えます。当社では、この能力を磨くための研修を用意しています。

3資格取得支援

社員が資格を積極的に取得することを奨励し、会社の技術の水準向上及び社員の自己啓発を図ることを目的として、資格取得の報奨制度を定めています。