SDGs

PROSPERITY(豊かさ)

エネルギーをみんなにそしてクリーンに
働きがいも経済成長も
産業と技術革新の基盤をつくろう
人や国の不平等をなくそう
住み続けられるまちづくりを

16 太陽光発電事業/メガソーラー事業の展開

TOKAIは、住宅用太陽光発電の普及に尽力するとともに、メガソーラーによる太陽光発電事業を展開することにより再生可能エネルギーの利用促進、CO2排出量削減に貢献しています。

エネルギーをみんなにそしてクリーンに
産業と技術革新の基盤をつくろう
つくる責任つかう責任

17 高効率ガス機器の販売

TOKAI及び東海ガスは、エネファーム・エコジョーズ等の高効率ガス機器の販売促進により、ガスを利用するお客様の住宅のCO2排出量削減に貢献しています。

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

18 クリーンエネルギー(都市ガス・LPガス)の販売

都市ガスやLPガスの燃焼時のCO2排出係数は石炭や石油系燃料に比べて小さく、現時点では比較的クリーンなエネルギーです。TOKAI及び東海ガスでは、2021年3月末現在で74.4万件のお客様に都市ガス・LPガスをご利用いただいています。
また、産業用において都市ガス、LPガス等を燃料として、エンジン、タービン、燃料電池等の方式により発電し、その際に生じる廃熱も同時に回収するコージェネレーション(熱電併給)システムの拡販に努めています。コージェネレーション(熱電併給)システムで回収した廃熱は、蒸気や温水として、工場の熱源、冷暖房・給湯などに利用でき、高い総合エネルギー効率が実現可能です。

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

19 事業所の再生可能エネルギー利用促進(太陽光発電)

TOKAIグループは、自事業所への太陽光発電設置、再エネ電源の電気の利用により、CO2排出量の削減に努めています。また技術革新の進展を踏まえ買替に合せて車両の電気自動車への移行を進め、更なるCO2排出量削減を目指します。

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

20 中小・ベンチャー企業支援(静岡ニュービジネス協議会会員)

TOKAIホールディングスは、ニュービジネス協議会会員として、中小・ベンチャー企業を支援しています。

働きがいも経済成長も
パートナーシップで目標を達成しよう

21 ワークライフバランス/ワークスタイル改革プロジェクトの推進

TOKAIグループは、ワークライフバランスの充実を図るため、時間外労働の削減と有給休暇取得推進を積極的に進めています。また、ワークスタイル改革PJを立ち上げ、テレワーク中心の新しい働き方の導入などへの取り組みを進めています。

働きがいも経済成長も

22 地域観光業の促進(焼津市・島田市温泉施設の維持管理)

東海ガスは、焼津市及び島田市の温泉施設の維持管理を通じて、地域の観光業促進を行っています。

働きがいも経済成長も
パートナーシップで目標を達成しよう

23 東京から地方へのIターン・Uターン・Jターン移住支援

東京ベイネットワークは、東京から地方へのIターン・Uターン・Jターンを支援するため、東京中心部においてコミュニティチャンネルで日本全国の様々な地方の魅力を紹介する番組「移住ファン」を放送しており、地方移住支援へ貢献しています。

働きがいも経済成長も

24 途上国でのインフラ開発

TOKAIは、ミャンマーやベトナムなど東南アジアを中心とした途上国でのインフラ開発や技術開発に取り組んでいます。

産業と技術革新の基盤をつくろう
つくる責任つかう責任
パートナーシップで目標を達成しよう

25 LPガスの自動検針による配送の効率化

TOKAIは、LPガスの自動検針による配送の効率化をはかり、ガソリン使用量の削減を実施していきます。

産業と技術革新の基盤をつくろう

26 ICTサービス・システム開発事業の展開

TOKAIコミュニケーションズは、自社で保有する北関東から西日本エリアに及ぶ光ファイバーネットワークと複数のデータセンターを活用することでお客様に安価で快適なサービスを提供しています。また、コンビニ、金融、流通系のシステム開発など、経済発展に貢献しています。

産業と技術革新の基盤をつくろう
住み続けられるまちづくりを

27 ブロードバンド未整備地域の解消への取り組み

TOKAIケーブルネットワークは、山間部等の情報通信インフラ未整備地域へのCATVネットワークの拡張を行うことで、住民に安価で公平なインターネットアクセスを提供して、情報格差の是正に寄与しています。

産業と技術革新の基盤をつくろう
住み続けられるまちづくりを
パートナーシップで目標を達成しよう

28 地域BWA(無線通信網整備)の促進

TOKAIケーブルネットワークは、全国12市区において通信免許を取得した地域BWAによって、災害対策のための行政サービス用の通信環境及び避難所のWifi環境の整備を実施しています。また、利用集中に起因した通信障害に強い地域BWAの特性を活かして、災害時においても必要な無線環境を確保しています。
地域BWA(Broadband Wireless Access:地域広帯域移動無線アクセス)システムは、2.5GHz帯の周波数の電波を使用し、地域の公共サービスの向上やデジタル・ディバイド(条件不利地域)の解消等、地域の公共の福祉の増進に寄与することを目的とした電気通信業務用の無線システムです。

産業と技術革新の基盤をつくろう
住み続けられるまちづくりを
パートナーシップで目標を達成しよう

29 CATVネットワーク光化の推進

TOKAIケーブルネットワークは、自社で保有するCATVの伝送路を同軸ケーブルから光ケーブルに更新していくことで、地域住民に対して高精細番組の放映、かつ大容量で安定したインターネット通信環境の提供を行うとともに、障害耐性が高く、信頼性のあるインフラを構築しています。

産業と技術革新の基盤をつくろう
住み続けられるまちづくりを

30 AIを活用した空間空調制御ソリューションの提供

TOKAIコミュニケーションズは、データセンターやCATV事業者向けにサーバ室等の空調制御ソリューションとして「SmartFacility Manager」を販売しています。
この度、オフィス向けへの展開を進めるため、東京建物株式会社、株式会社内田洋行の2社と協同し、東京建物八重洲ビル7階のオフィスフロアにて、AIによる空調制御の実証実験を実施し、フロアの温度ムラの解消と約5割の消費エネルギーの削減を達成しました。この実験結果を踏まえて、AIによる空調制御の機械学習を更に進め快適なオフィス空間の提供と省エネルギーの達成を実現してまいります。

産業と技術革新の基盤をつくろう
エネルギーをみんなにそしてクリーンに
パートナーシップで目標を達成しよう

31 OTSハウスの販売

TOKAIは、ライフラインのなかでも特に重要度の高い「水」と「電気」、そして何より大切な「家族」を“守る”ことをコンセプトに掲げた家「OTSハウス」の販売促進を行っています。
生活水と電気の自給自足機能をはじめ、建物の構造自体や細部にまで施された様々な工夫によって、普段のくらしも災害時にも、安心・快適・便利を提供できる住まいです。

住み続けられるまちづくりを
安全な水とトイレを世界中に
エネルギーをみんなにそしてクリーンに
産業と技術革新の基盤をつくろう
つくる責任つかう責任
気候変動に具体的な対策を

32 ZEH(ゼロエネルギー住宅)事業の展開

TOKAIは、「家で消費される電力よりも、創り出される電力の方が多い住宅」であるZEH(Net Zero Energy House/ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の販売を行っています。

住み続けられるまちづくりを
エネルギーをみんなにそしてクリーンに
産業と技術革新の基盤をつくろう
つくる責任つかう責任

33 介護リフォーム・耐震化リフォーム事業の展開

TOKAI及び東海ガスは、介護を必要とする人が家で生活するときに感じる不都合や不便を解消していくための「介護リフォーム事業」や、住宅の土台である基礎の補強、腐朽箇所の修繕、壁の補強、屋根の軽量化などの施工を行う「耐震リフォーム事業」を展開しています。

住み続けられるまちづくりを
人や国の不平等をなくそう

34 CATVコミュニティチャンネルの放送

TOKAIケーブルネットワークは、地域の話題、グッドニュースやイベント、最新お役立ち&お得情報、災害情報など耳よりな情報をお届けするコミュニティチャンネルを放送しています。

住み続けられるまちづくりを
パートナーシップで目標を達成しよう

35 健康経営優良法人認定の取得

TOKAIグループは、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)~ホワイト500」に5年連続で認定されました。さらに、「健康経営優良法人(中小規模法人部門)」においても新たに2社が認定となり、2021年3月末時点のTOKAIグループの認定社数は17社となりました。
(2021年3月4日認定)

働きがいも経済成長も

36 DBJ 健康経営(ヘルスマネジメント)格付の取得

TOKAIホールディングスは、株式会社日本政策投資銀行が実施する「DBJ 健康経営(ヘルスマネジメント)格付」の最高ランクを3回連続で取得しました。
「DBJ 健康経営格付」は、株式会社日本政策投資銀行独自の評価システムにより、従業員への健康配慮の取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。
(2021年4月21日取得)

働きがいも経済成長も

37 安全衛生優良企業(ホワイトマーク)認定の取得

TOKAIグループのシェアードサービス会社の株式会社TOKAIマネジメントサービスが、厚生労働省静岡労働局より「安全衛生優良企業(ホワイトマーク)」として認定されました。
安全衛生優良企業とは、労働者の安全や健康を確保するための対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善しているとして、厚生労働省から認定を受けた企業のことです。
この認定を受けるためには、過去3年間労働安全衛生関連の重大な法違反がないなどの基本事項に加え、労働者の健康保持増進対策、メンタルヘルス対策、過重労働防止対策、安全管理など、幅広い分野で積極的な取組を行っていることが求められます。
(認定期間:2019年10月~2022年10月)

働きがいも経済成長も

38 介護福祉・介護福祉用品レンタル事業の展開

TOKAIライフプラスは、静岡県静岡市でデイサービス・ショートステイ等の介護事業を行っています。
また、東海ガスは焼津市、藤枝市、島田市、静岡市、吉田町、牧之原市において、在宅介護が必要な方に介護福祉用品を安価で利用できるサービスを提供しています。

人や国の不平等をなくそう

39 マリンスポーツの普及促進

TOKAIホールディングスは、海洋スポーツ全般において、最もハードルの低い種目でありながら、ボードの上で景色を眺めたり、フィシッング、ヨガやピラティスなど、老若男女問わず幅広い年代の方々に親しまれているSUP(Stand Up Paddleboard)の普及を念頭に、安全や楽しみを提供する「静岡 SUP FLEET」に協賛しています。
また、一般社団法人清水マリン・アンド・ビーチスポーツ振興協会の設立に尽力し、マリンスポーツ、ビーチスポーツの振興を通じて、市民が海・浜辺をより身近なものと感じ、スポーツを通じた人々の交流を活発にすることで、地域の活性化に寄与しています。

働きがいも経済成長も
住み続けられるまちづくりを

40 街路樹や公園などの寄付事業へ参加

トーカイシティサービスは、静岡ライオンズクラブが主催する街や郊外に街路樹や小公園などの施設を寄付する事業に、会員として参加しています。

住み続けられるまちづくりを
パートナーシップで目標を達成しよう

41 リモートワークソリューションの提供

TOKAIコミュニケーションズは、法人顧客向けにリモートワークソリューションの提供を行っています。
端末にデータを 残さずセキュアな通信を提供する「OneOffice SafeGate」や、外出先や自宅から安全・手軽にオフィスのPCにアクセスできるクラウド型リモートデスクトップサービス「OneOfficeスマートコネクト」を提供し、いつでも・どこでも・どんな端末からでも安全・手軽なリモートワーク環境のご提供を実現しています 。

働きがいも経済成長も
産業と技術革新の基盤をつくろう
パートナーシップで目標を達成しよう

42 システムインテグレーション事業を通じたDX推進支援の展開

TOKAIコミュニケーションズは、法人顧客に対して、自社で保有する光ファイバーネットワークとデータセンター、さらにシステムインテグレーターとして長年に渡り培った技術・ノウハウを活かし、情報通信分野で、クラウドサービスを含む幅広いサービスを提供しています。
設計から構築、運用・サポートまで、上流から下流までをワンストップで提供することで、顧客のビジネススピードの向上、DXの推進に寄与しています。

働きがいも経済成長も
産業と技術革新の基盤をつくろう
パートナーシップで目標を達成しよう